Twitter5千人フォロー FXトレーダー ネオニートじろうの手法を初心者のためにサポートします!twitter・Youtube・noteなど解説内容も含め仮想通貨・為替・先物・BTC・株・FXなどなどコツと手法を解説します!

投資の目的を見失うな。稼いだお金を何に使う?

トレーダーさんはやっぱ兼業トレーダーが多いです。

兼業しながらトレーダーを始める理由は様々だと思いますが、「生活を豊かにしてくれるのではないか」という考えは大方の人にあるのではないでしょうか

しかしちょっと待っていただきたいのです。主に出金をまっていただきたいです。いやいっぱい資金があるあなたはいいです、出金してください。

はじめたばかりで、ちょっと儲けた!というそこのあなたです。はい。ちょっとまってください。

その儲けは、次の儲けにつながる大事な柱になりえるのです。だからこの話を読んでみてください。

「投資」の目的を考える

「あなたが投資をする理由は何ですか?」もしこのように質問をされたら、あなたはどのように答えますか?私がこう聞かれたら…答えはこうです。

「お金を働かせて、お金を得るためです」実に直球ですが、本当なので仕方がありません。多くの人にとっては、投資をする一番の目的は私と同じように「お金を得るため」ではないかと思います。

では、税金を支払った後のお金(利益)は、消費・浪費・投資のうち、どのように使うべきでしょうか。

「あなたは、得た利益をどのように使いますか?」こう質問されれば、私はこう答えます。 「生活の質を向上させて、さらに投資の安定性を高めるために使います

お金を稼ぐための理由は人それぞれですが、結局私たちは生活のためにお金をかせいでいます。しかし投資家はこの理由にプラスし、さらにお金を稼ぐための土台としてお金を稼いでいます。

資産を形成する

投資で得た利益は、人によってはあぶく銭のような錯覚に陥ってしまうこともあるかと思います。

自分で汗水たらして稼いだお金ではないのですから、当然と言えば当然ですが。 こういう錯覚のことを「資産効果」といいます。

しかし、利益を得た分だけ、その場で消費・浪費していては、いつまでたっても、生活の質と投資の安定性は向上しません。

そこで、生活の質と投資の安定性の向上を目標とする場合は、利益を貯蓄、あるいは再投資に回すことを提案します。 資産が大きくなると投資の安定性は向上します。

たとえば、資産が百万円の人と、1千万円の人がいるとします。 それぞれ、投資で年間50万円の利益を得ようと運用します。 どちらが安定した投資ができるでしょうか。

資産百万円の場合50万円の利益を得るには、年率50%というとんでもないハイリスク・ハイリターンの運用をしなければなりません。 景気の上昇期に当たれば、不可能ではありませんが、長期的に見るととても現実的な数字ではありません。

資産1千万円の場合50万円の利益を得るには、年率5%という運用で可能です。 景気の上昇期には5%を上回ることは容易ですから、長期的に見ると十分に現実的な数字と言えると思います。

いかがでしょうか。

同じ年間50万円の利益と言っても、資産があると無いとでは、安定性が雲泥の差になってきます。 もちろん、資産が1億円あればさらに有利です…わずか0・5%でいいのですから…。

お金があればあるほど、安定性が増すのですから、この仕組みを利用しない手はありません。

投資の安定性が向上すれば、平均的なリターンも安定するので生活の質も向上してきます。 前者と後者の違いはスタートだけです。

利益を消費・浪費するか、貯蓄・再投資するか、この違いだけです。 あなたがETF投資で利益を得ることができた際には、少しだけ、このことを思い出してみてください。