Twitter5千人フォロー FXトレーダー ネオニートじろうの手法を初心者のためにサポートします!twitter・Youtube・noteなど解説内容も含め仮想通貨・為替・先物・BTC・株・FXなどなどコツと手法を解説します!

コストで選ぼう。ETFにかかるコストまとめ

コストを甘く見てる人、多いと思います。いやほんとに、徹底的というほどこだわってる人は結構少ないと思います。

でもほんとに手数料とか、こだわったほうがいい点なんですよ。いやもうほんとうにまじめな話です。だから知っておきましょう。

コストで選ぼう

ETFは

通常の投資信託よりもコストが安い傾向にある

。ということが言えます。

さらに付け加えると、

株式よりはコストが高い

、とも言えます。

どのようなコストがかかるのでしょうか、見てみましょう。

三つのコストに気を付けよう

基本的に3つのコストがかかります。

  • 買うとき
  • 保有している間
  • 売るとき

この3つです。

買うときと、売るときにコストがかかるのは、まあ納得できますね。

わたしたち

投資家がETFを買う時には、証券会社を通して注文を出しますから、証券会社にお駄賃を払わなくてはいけません。

向こうもお仕事ですから。

それでは、保有している間にも、お金を払わなくてはいけないのはどうしてでしょうか。

正式には、

持っている間にかかるコストを信託報酬

と言います。

信託報酬の文字を分解すると、意味が見えてきます。 『(運用者を)信じて(お金を)託すから(運用者に)報酬を払うよ』ということです。

つまり、

投資信託やETFでは、運用者なる者がいるので、その人にもお駄賃を払わなければいけない

、と言うことです。 ちなみに、

株式では、自分で銘柄を選んで、自分のタイミングで売買するので、人件費はかかりません。<

/p>

そのため信託報酬は存在しません。

コストの面では、ETFも株式に一歩及びません。

コストは非常に重要です。

なぜなら、コストは確実なマイナス材料だからです。 コストが高いから運用成績も高いということは、ありません。

正解は、コストが低いから、その分、実質的な運用成績が高い、です。

なぜか? それはETFが平均点だからです。

同じ平均点である以上、コストが安い方がマイナス材料が小さいのですから、実質的な運用成績が良いのは当然

です。