Twitter5千人フォロー FXトレーダー ネオニートじろうの手法を初心者のためにサポートします!twitter・Youtube・noteなど解説内容も含め仮想通貨・為替・先物・BTC・株・FXなどなどコツと手法を解説します!

ETF選ぶならどれ?掘り出し物や奇抜なものは必要ない。身近なものこそ

ETF選ぶならどれ?掘り出し物や奇抜なものは必要ない。シンプルでいい

ETFには数があります。それはつまり初心者だと選択肢が多くて迷うという事です。

なので迷わないよう先に選び方のポイントを述べます。ズバリ、内容が身近であること。これです。

ETFとは各種指標と連動する金融商品です。値動きのわかりやすさが重要です。

そのため、あなたの生活にもっとも身近な内容のETFを選ぶことが、わかりやすさに直結します。

もし、あなたが輸入事業を営んでおり、バイヤー歴数十年のエキスパートであるなら、海外のETFも良いでしょう。 もし、あなたが石油業界に所属し、世界各国の産油国や諸外国のエネルギー情勢に明るいのであれば、商品(原油)のETFも良いでしょう。

専門的なお仕事をしているなら、毎日、お仕事を通して、その業界の情報が飛び込んでくるでしょう。 分析のための情報も、今後の方向性も見通しやすいでしょう。

ですが、多くの人はそうではないはずです。

そういった身近な存在ではない、むずかしいETFは金融機関などの機関投資家(プロ)に譲りましょう。 わざわざ自分の不得意な分野、知識に明るくない分野に踏み込んでいく必要はありません。(せっかくシンプルな金融商品ですので、そこを生かしましょう

多くの人にとって、最も身近な内容のETF、それは国内株式の指標と連動するETFだと思います(つまり、日経平均株価連動型、またはトピックス連動型のETF)。

その理由はこうです。

国内株式は、個別で見れば様々な値動きを示しますが、全体的な大きな視点で見れば、景気の動きと連動する傾向にあることは、すでに解説しました。 そして、国内の景気の情報は、いつでも身近にあふれています。

テレビやラジオのニュースで、日経平均株価とトピックスの株価指数は大体、放送します。 国内の経済についてもネットや新聞で、簡単に毎日、最新の情報が入手できます。 また、日常的なお買い物でも物価の変動や、お給料など国内株式に影響を及ぼす国内の景気を肌で感じることもできるでしょう。

このように数あるETFの種類の中で、国内の株価に連動するETFがあなたにとって、最も身近ですね?また、特に新発売のETFや掘り出し物を、探すことにこだわる必要もありません。

ETFはシンプルに指標に連動するだけの、受け身的な金融商品です。

個別の株式のように、急激な値上がりを期待して、お宝銘柄を探す必要はありません。 より大切なのは、「何を買うか」ではなく「いつ(安く)買うか」です。

ETFの選び方を例えるなら、外国の初めての町で食事をするときのお店の選び方にも似ていますね。

初めてのお店に入るときは緊張するものです。 言葉も通じない、メニューも読めない、法外な料金を請求されるかもしれない、味が口に合わないかもしれない…。不安だらけです。 そんなリスクを避ける方法、それは、なじみのある店を探すことです。

もし、その外国の町にあなたのなじみのハンバーガーチェーン店があれば心強いでしょう。味もメニューも知っているし、値段もわかる。 冒険をしないと、旅の醍醐味は味わえませんが、安全な旅をすることも大切ですね。

トラベルにトラブルは付き物ですが、投資でのトラブルは避けたいものです。