Twitter5千人フォロー FXトレーダー ネオニートじろうの手法を初心者のためにサポートします!twitter・Youtube・noteなど解説内容も含め仮想通貨・為替・先物・BTC・株・FXなどなどコツと手法を解説します!

アクティブ型投資信託 対ETF。勝負というよりは…?

アクティブ型投資信託 対 ETF

信託報酬の高いアクティブタイプの投資信託を買えば、利益を得られるのではないか

という疑問を持った方いるのではないでしょうか?

もし、この疑問の答えがイエスであれば、誰もが安心して、信託報酬の高い投資信託を買うだけで利益を上げられることになりますが残念ながら答えは「必ずしもイエスではない」というなんとも中途半端な答えとなります。

ただ、一般論として市場平均(指標)を上回れるのはアクティブ型の投資信託の3割程度と言われています。

それも年間ペースです。

連続して毎年、市場平均(指標)を上回るのは実にむずかしいのです。

市場平均を上回っていても、アクティブタイプの投資信託にはもう一つ問題があります。 その問題とは信託報酬です。 高いもので年3%かかりました。

表面上の運用結果の面で、市場平均を上回るだけでも大変なのに、さらに信託報酬が高ければ、トータルで市場平均を上回るのはさらにむずかしくなってしまいます。 もとより下回っていれば、結果をさらに押し下げてしまいます。

まるでアクティブ型の投資信託を買ってはいけない、と言っているかのようですが、そうではありません。

確かにアクティブタイプの中には市場平均を上回るものもあるでしょうし、信託報酬が安いものもあります。

ですが、苦労して探して、運よくその年、平均点を上回るものを探すよりも、市場平均に連動するETFという選択肢があるのですから、シンプルにそちらを選んではどうですか? という話です。